企業におけるグループウェアの活用

あなたはグループウェアとは何かをご存知ですか。

そう言われてすらすらと答えられる人は、かなりICT知識の高い人と言えます。

ちなみにグループウェアというのは、ネットワークを利用して企業が業務効率化を図るためのコンピュータシステムをさします。

具体的に言うと、電子メール、スケジュール管理、データ共有、電子掲示板などの機能を持ったシステムなのです。

厳しい競争の中で企業が生き延びるためには、今まで以上に業務革新が必要になります。


個人でできることはたかが知れています。

組織としていかに成果を出すか。

今よりもグループウェアのお申込の情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

それが重要なのです。

それをサポートする有効なツールがグループウェアなのです。

したがって、どんなシステムを採用するかは企業にとって大きな問題なのです。


大企業は、実績のあるIBMのLotus Notes(ロータスノーツ)、マイクロソフトのExchange Server(エクスチェンジサーバー)などを採用すれば間違いありませんでした。
しかしながら体力の弱い中小企業の場合はそうは行きません。

必然的にもっと安くて使い勝手のよいものを求めることになります。
最近はそんなニーズを満足すべく、コンパクトで性能のよいグループウェアが続々と開発されています。

日本経済新聞の情報はこちらのサイトです。

どれをどのように使って社内の業務改善を図って行くか。

それが企業としての腕の見せどころになっています。



その性能の良さに着目して、大企業の中でも積極的に使うケースが増えているのです。