グループウェアにログインして情報共有

グループウェアとは、社内のコンピュータネットワークを用いて情報共有を図るシステムの事です。


社内の人間同士が情報交換を行うために利用するため、社外の人間や関係者以外が安易に利用できる状態ではいけません。



そのため使用前には必ず専用のパスワードやIDを入力してログインすることが求められます。ログインに必要なパスワードも会社によっては定期的に変更するよう求められる事があります。



変更頻度が短いほどグループウェアには外部に漏らしたくない情報を載せている事が多く、漏洩防止にセキュリティ強化を図るためです。

グループウェアには多くの使い道があります。人事異動に関するお知らせを掲載することで社内に一括通知を出す事もできますし、社内アンケートや意識調査を行うために質問文を掲載して他部門同士の意見を閲覧することもできます。

他にも当日のスケジュールを載せ合うことで、会議時間の設定や同部署で働く他の方の動きを把握し合うことも可能です。利用方法が多様化して便利である半面、情報管理も徹底する必要があります。

ログインしたまま離席をすることを避けたり、他人のパスワードやIDを使用してログインすることも行ってはいけません。



仮に情報漏洩した際には、使用されたパスワードやIDの跡をたどり原因追究を行うからです。
不要な疑いをかけられないよう行動することも重要ですが、無意識に他の方を陥れる原因にもなりますので注意が必要なのです。