グループウェアでプロジェクトを推進

グループ企業間で一つのプロジェクトを推進する場合、情報の伝達やワークフローの齟齬が発生すれば大きな問題となります。


齟齬が発生した場合、プロジェクトの推進に支障をきたすばかりか、プロジェクトが破綻してしまうこともあり得ます。
その対策として、グループウェアを用いて、グループ企業間の情報伝達を統合する方法があります。


グループウェアを用いれば、プロジェクトグループのメンバー間あるいは外部との連絡を一つのソフトウェア上で行うことができます。


さらに、リアルタイムで遠隔地のメンバーとのコミュニケーションを行うことが可能となります。また、回覧すべき文書をネットワーク上で回し読みすることもでき、掲示板機能でグループ全体とのやりとりを行うこともできます。



グループウェアによってワークフローの調整を行った場合、グループ内のメンバーの作業進行度を統合して管理することもできます。メンバーの作業進行度がリアルタイムで更新され、作業内で起こる様々な問題について、グループで意見を交換することが可能です。



会議も簡単に行える上、ペーパレス化も推進され、経費の大幅な削減も見込まれます。
各社で何らかの個別のシステムを運用する場合に比べ、グループウェアならば、意思の統一化、認識の共有化という側面で非常に有利な状態になります。



これにより、プロジェクト内部の問題を虱潰しにできるため、結果として、プロジェクトの遂行が円滑に行われることになります。